2019年07月09日

《イベントレポート》7か国からキャストが集結した英語村も登場!2万人の子供たちが英語好きになった「マグナとふしぎの少女」第二回公演の様子を公開

ファンファンラーニングでは7月7日(日)、英語学習ミュージカル「マグナとふしぎの少女 English アドベンチャー」の第2回一般公演を、たましんRISURUホール(立川市市民会館)にて開催いたしました。
英語学習を楽しくて夢中になれるものに変えることを目的に企画された本ミュージカルは、当日は約500名の小学生のお子さんを中心とするご家族のお客様が来場。2020年の小学校の英語教育必修化に向けて、子供たちや親御さんの英語に対する関心の高さが伺えました。

■全国約50の少学校を巡回、約20,000名の小学生が観たミュージカルの一般公演
本ミュージカルはもともと、学校用として企画/制作された英語劇の一般公演版。2月の横浜公演に続き今回で二回目の開催となりました。
一般公演では、学校公演では出来ないスマホを使った取り組みも実施しました。公演専用に開発されたスマホアプリ「ポケットマグナ2」を使用し、英語を発音することで、子どもたちが劇に参加をしました。

■観劇後、子どもたちは英語村へ!
観劇後、英語への興味が高まった子どもたちは、ロビーで開催されていた「英語村」に集結。マグナワールドキャストと呼ばれている7カ国10名で構成された外国人スタッフと、英語でのコミュニケーションを楽しみました。
「Hello!」
「Where are you from?」
「Let’s take a picture!」

など、日常会話レベルの英語や「We are friends!」などミュージカルで実際に使われたフレーズを使っていました。
はじめはドキドキしながらワールドキャストに話しかけていた子供達も、ワールドキャストと共に、AI発音判定を搭載した「マグナとふしぎの少女 英語発音かるた」、AR技術を使用した「マグナとふしぎの少女・デジタルスタンプラリー」等で遊ぶことを通して、すっかりワールドキャストたちと打ち解けていく様子が見られました。

またイベント当日(7月7日)は七夕だったため、会場に用意されていた笹にお願いごとを書いた短冊を飾る子供たちも多く見受けられ、飾られた短冊のうち約半数は英語で願い事が書かれていました。

■公演後のアンケート結果
観劇後、英語を楽しんだというお子さんは7割を超える結果となっております。公演が楽しかった!というお子さんは9割を超える結果となりました。(公演アンケートより)

<英語学習ミュージカル「マグナとふしぎの少女 English アドベンチャー」開催概要>
日時:2019年7月7日(日)14:00~15:10(13:30開場)
会場:たましんRISURUホール(立川市市民会館)
主催:公益財団法人立川市地域文化振興財団
企画制作:ファンファンラーニング株式会社、一般社団法人KIO
後援:立川市教育委員会、昭島市教育委員会、国立市教育委員会、国分寺教育委員会、日野市教育委員会

■英語発音かるた
(1)遊んでいるうちに発音が怖くなくなる!
ネイティブの発音をアプリでリスニング!
専用アプリに向かって英語で発音をしたらカルタカードをゲット。こどもたちはどんどん発音していきます
(2)遊んでいるうちにネイティブ英語に耳が慣れる!
専用アプリがネイティブ英語でカルタを読み上げるので、遊び続けるといつの間にかこどもたちの耳は英語になれていきます。こどもたちは集中してリスニング!
(3)英語が得意でなくても大丈夫!
レベル設定ができるので、英語が得意な子も、そうでない子も楽しめます!1時間以上子どもたちだけで遊び続けていた、といった嬉しいお知らせをいくつも頂いています。

価格:1,950円(税込)
購入リンク(Amazon):https://www.amazon.co.jp/dp/B07QZH7NGC/

【ファンファンラーニング株式会社】
ファンファンラーニング株式会社(代表取締役:山中 裕人)は、『遊ぶようにワクワク学ぶ!』をコンセプトに、アクティブラーニングとエンターテインメントを掛け合わせた「ファンラーニング」のメソッドを用いた英語学習方法を提唱しています。


2020年度から大学入試制度が特に英語について大きく変わり、また、小学校での英語教育も英語が教科に格上げされます。英語の必要性が「受験のため、将来のため」という大人の文脈が強調して語られる一方で、子どもたちは「なぜ英語を学ぶのか」本質的な意味が見出せていないように思います。


子どもたちが「学びの楽しさ」を感じながら学べる「マグナとふしぎの少女」は、英語学習への動機付けから、英語力アップまでをフルサポートします。


弊社は、国立大学法人東京学芸大学および東京学芸大こども未来研究所と産学協同研究を進めており、その一環として、東京学芸大附属世田谷小学校では「マグナとふしぎの少女」のミュージカル公演だけでなく、アプリ、英語発音かるたを英語授業で実施するなどの取り組みをおこなっています。 

© fun fun learning Inc.  All Rights Reserved.

flogo-Hex-RGB-MedGrey-58.png